パチンコメーカー株で決算プレーをしてみた

14日にユニバーサルの決算が発表されパチンコ関連上場企業の3Q決算が出そろいました(ユニバは本決算)。パチンコメーカーの業績は販売実績と販売予定機種で推測しやすいので、私はギャンブル感覚で決算プレーをよくやっています。

*決算プレーとは決算発表直前に信用取引で買い・空売りを行い、決算発表後に決済するという超短期のトレードで投資ではなく完全なギャンブルです。

今回の決算プレーの結果ですが、ギャンブル性がない超つまらない結果となりました(涙)。サミー以外はまるで決算発表がなかったかのような株価の動きとなりました。ちなみに事前に私が立てた決算予想は以下の通りです。

1/30 藤商事 通期予想据え置き 無難な決算を予想 見送り

2/5 サミー 通期予想下方修正 獣王販売4月となり下方修正確定⁉ 空売り

2/7 SANKYO 通期予想据え置き 塵積の多機種販売で意外と好決算 買い

2/8 平和 通期予想据え置き ゴルフ場安定、ルパン販売で好決算 買い

2/14 ユニバーサル 通期下方修正 来期はトントン? 大赤字確定 空売り

発表された決算 売上、営業利益の順(単位 百万円)

藤商事 3Q 21,518 1,119 通期 38,000 2,500 据え置き

サミー 3Q 250,321 11,921 通期 337,000 13,000 下方修正

SANKYO 3Q 55,341 10,949 通期 90,000 12,000 据え置き

平和 3Q 111,451 26,007 通期 155,300 27,000 据え置き

ユニバ 通期 93,267 ▲17,972 来期 160,000 20,000 増収増益予想

となりユニバの来期予想以外はほぼ的中しました。それにしてもユニバの180億円の赤字→200億円の黒字転換は本当に可能なの? カジノで儲けるつもり?

ところが株価の方はサミー以外すべて予想外の動きとなりました。決算発表日と翌日の株価は・・・ 

藤商事 957円→955円 -2円 何事もなかったごとく見事にスルー

サミー 1529円→1347円 -182円 暴落! 空売り成功!でもすぐにチキン利食いをしたらその後もダラダラと下がり続け激しく後悔(汗)

SANKYO 4110円→4050円 -60円 サミーショックで連れ安していたので千載一遇のチャンスとばかり勝負をかける。ところが朝方一瞬だけ+130円ほど上がったので喜んでいたら結局-60円に。2日間我慢したがさらに下がったので泣く泣く損切り(涙) 完全に予想外の動きに愕然となる。なんで⁉

平和 2217円→2221円 +4円 サミーショック連れ安分60円ぐらいは上がると期待するも完全にスルーされる。3Qの進捗率も良く意外と好決算なのにどーして⁉ 

ユニバ 3400円→3325円 -75円 来期の大幅増収増益予想からか?何故か買い気配で始まる。空売りの踏み上げを食らったら死亡なので、慌てて損切りした瞬間下がり始め結局-75円に・・・。怒髪を逆立てながら己の愚かさに愕然とする。冷静に考えると来期の予想などしょせん絵に描いた餅!6号機の現状を見ると誰も200億円の黒字転換など信じないだろう。

その他パチンコ関連企業であるマース、ダイコク、オーイズミなど業界人から見れば意外と頑張っているのに株価はほとんど無反応で見事にスルーされています。証券会社にいる友人の話によると、パチンコ関連銘柄など投資家のほとんどが興味を示さない。サミー以外は流動性が低くとくに外国人投資家にソッポを向かれているらしい。

悲しいことに「衰退産業」と言われている業界の現状ですね。もはや遊技機と同様に決算プレーによるストップ高、ストップ安ほどのギャンブル性は望めないかもしれません。外国人投資家からも注目されるような成長著しいパチンコ関連業界になって欲しいですね。                                              

 

業界関連株は投資家からほぼ無視されている?

パチスロ6号機の適合率がとんでもないことに・・・

「パチスロ6号機の適合率」がまた低下しているようです。保通協試験方法など手探り状態でメーカーは苦労していたようですが、昨年年末ごろにはおおむね把握できたと聞いていましたので、斬新な新機種登場を大いに期待していました。

ところが保通協発表資料によると1月の試験結果は不適合61機種に対して適合はわずか9機種となってしまいました。その理由をパチスロ情報通の方々に聞いて回ったところ、どうもあまり良くない方向に進んでいるようです。

同じ不適合でもその理由が重要で、例えば斬新なゲーム性や仕様にトライして不適合になっているのであれば、今は苦しくてもいずれは期待できますが、どうもそうではないらしい。ほとんどのメーカーが低ベース(通常時の小役払戻率を抑える)に走り実射試験でことごとく落とされているようです。

つまり「鏡」タイプではなく「チェインクロニクル」「蒼天の拳」タイプばかりを開発、申請しているようです。もちろん納入済6号機の欠点を改善したうえで申請していると思いますが、そんな後追いばかりでは新規ファンを取り込めるような斬新な機種は期待できそうもありません。

メーカー開発の事情は十分理解できます。低ベースにしないとコイン単価があがらずホールは購入してくれません。また既存のファンも5号のように一撃の出玉を望む傾向にあります。少しでも5号機に近づけようとする努力をしていると思います。

ただその努力はあくまで販売台数と既存ファンに向けられたもので、現状のファン減少に歯止めをかける事すら難しいのでは? と思ってしまいます。しょせんギャンブル性では5号機には勝てないのなら、新規ファン獲得を目標に斬新なゲーム性にチャレンジしてもらいたいと思います。

「じゃお前が斬新なアイデア出せよ!」と言われても無理ですが、情熱あるメーカー開発者の皆様なら可能です。今までも規則改正のピンチを開発者のアイデアで乗り越えてきました。業界の未来永劫存続のため救世主の誕生を期待しています。

1月の適合率は12.8%‼

パチンコ都市伝説3

「角台は出る?」この都市伝説も昔は「雨の日は出る」と同様にまことしやかに囁かれていました。他にも「灰皿にたばこの吸い殻が多い台は出る」という話も聞いたことがあります。はたしてこれらの都市伝説は本当なのでしょうか?

角台とはパチンコ台が並んで設置してある島端の台、つまり一番通路側にある台のことを指しています。角台は通路を歩いているお客さんや新たに入店してきたお客さんの視界に入りやすいため、パチンコ店としては常に稼働させておきたい。できれば「おっ 結構出てるな」と思わせたい台であることは間違いありません。よって「ひょっとしたら本当かも」と思ってしまいます。

① かなり昔なら信憑性が高かった

今みたいに乱数抽選で出玉が決まるデジパチばかりではなく、ハネ物や一発台のように釘調整によって出玉が左右される機種が主力だった頃は「角台は出る」伝説は本当だったようです。当時は同一機種を釘調整によって

「開放台」「遊び台」「回収台」

に分けて出玉率のバランスをとるのが常識でした。「開放台」とは赤字覚悟でお客さんが勝てるように調整された台ですから、どーせ出すなら一番目立つ角台にする場合が多かったのは事実です。

角台は「客寄せパンダ」としての利用価値が高かったと言えます。

② 吸い殻が多い台はどうなの?

これは過去遊技していたお客さんが長時間粘った証拠、つまり少なくとも「全く出ない事はないだろう」という程度の推測に過ぎません。そもそもタバコを吸わないファンが多いし、たまたま超ヘビースモーカーだったかもしれません。

では全くあてにならないと言えるでしょうね。

③ では現在でも角台は出るのか?

現在の主力機種であるデジパチの出玉率は乱数抽選による大当り、確変継続で勝手に波ができます。つまりパチンコ店側も波に任せるしかありません。もちろんお客さんにはスタート回数が多い方が有利ですが、

同一機種は全台スタート回数を統一する調整が常識になっています。

店側も「開放台」「回収台」のバランスはすべて乱数抽選まかせと言えます。意図的に角台の出玉率を上げることはほぼ不可能です。角台のみスタート回数を上げる調整も行っていません。

④ 出玉調整は機種または島(カテゴリー)ごとに行っている

現在、パチンコ店では「開放」「回収」のメリハリは機種やカテゴリー別にスタート回数の調整で行っています。一般的にはファンが気にする1000円スタート回数ではなく分間スタート回数(100個の打ち込みに対する回数)データをもとに調整しています。それでも出玉はあくまで理論値での見込みであって想定外の出玉率になってしまう事もしばしばあります。

実はパチンコ店も個別ではどの台が出るのかは分からないのが実情です。

都市伝説3「角台は出る?」結論

③④で考察したように現在パチンコ店はスタート回数を統一して出玉率は乱数抽選の波に任せている以上

「角台は出る」とは言えないでしょう。

それでも事実としてパチンコ店のデータでは角台の客付は相対的に良くなっています。これはファンが「角台は出る」と思って着席しているわけではなく、電車の横シートが端から埋まるのと同様にプライベートゾーンを確保するためと言われています。角台であれば少なくとも左右どちらかは空間が確保できるから安心ですよね。

設定付きパチンコ台の増加で都市伝説復活か?

昨年の規則改正により設定付きパチンコが認められました。今後設定付きの新台がどんどん導入され、パチンコ店も積極的に設定を活用するようになればスタート回数は同じでも

「角台は高設定?」という新たな都市伝説が誕生するかも知れません。

これについては今後調査をして傾向が分かりしだい報告したいと思います。

角台は出る?

パチンコ都市伝説2

「雨の日は出る?」この都市伝説は誰もが一度は耳にした事があるのではないでしょうか? 特にベテランのファンであれば信じている方も多いかも知れません。私もパチンコデビュー当時(昭和の時代ですが)無邪気に信じ込んでいました。はたしてこの伝説は本当なのでしょうか?

①かなり昔ならば本当だったかもしれない

 デジパチがまだ登場していない時代ですがパチンコ仲間の先輩方は

「雨の日は湿度が高い。湿気でベニヤ板に打ってある釘が緩む。だから出やすい」

と解説していました。その時は私も「なるほど!」と思いましたが科学的根拠があったのかは不明です。また実際に「雨の日は出る」を実感した記憶があまりありません。ただそれは私が農村地区に居住していたのが理由かも知れません。

雨の日は農作業など野外の仕事ができない。

釣りや草野球、ゴルフなどレジャーに出かける人も少ない。

よく考えると地方の郊外に立地するパチンコ屋さんにとって 「雨の日はお客さんが多い=利益を上げるチャンス日」 だった? のかも知れません。

②実は現在でもホールは湿度に気を遣っている

 ただしそれは「釘が緩む」からではなく、玉やコインに湿気があると手垢や細かいゴミが付着してしまうからです。お客様が不快な思いをするだけではなく、遊技盤面や上皿、発射装置などが汚れる原因となります。たまにパチンコ玉に触れたとき「温かい」と感じたことはないでしょうか?それは循環設備内のヒーターで玉を乾燥させているからです。

③飛び込み入賞率には影響がある?

 俗にいう一発台が設置されていた頃、ゴト師(何らかの不正行為で玉を出す輩の総称)連中は玉に手垢や整髪料(柳屋のポマード)を付着させ一発台を打っていました。そうする事によってなぜか玉が盤面内を暴れるようになります。写真①のようなゲージ構成の飛び込み入賞には有利で、スーパーコンビに代表される写真②のゲージには玉飛び(ストローク)が安定せずかえって不利と言われていました。このことから

「雨の日→湿度が高い→玉が汚れる→飛び込み入賞しやすい→出る」といった「風が吹けば桶屋が儲かる」方式で考えれば 「雨の日は出る?」は嘘ではなかったかも知れませんね。

写真①   写真②

なお現在の
「天下一閃」はスーパーコンビと同様に不利になるので、マネをしないようお願いしたい。

都市伝説2 「雨の日」は出る? 結論

 ①②で考察したように科学的根拠はないと思われます。そもそも今ではベニヤ板よりアクリル板が多くなっています。まして現在のホールは空調設備も整っているし玉の研磨能力も向上しています。さらにホールの立地によっては逆に「雨の日=稼ぎ時」と思われているかも知れません。余談ですが
サラリーマンの多い店なら給料日直後
郊外店ならば月初めの土日
年配層が多い店は年金支給日直後
漁師町ならば台風の時など
ファンとしては注意が必要と思われます。
よって現在では無条件で「雨の日=出る」は99.9%ないと言えるでしょう。
 ファンとしてはむしろ主戦場であるホーム店舗の特色を見極め、上記のような注意日には深追いをせず、できるだけホールが「甘めの営業が必要」と思っているときに勝負をかける方が勝率アップにつながると思います。こういったホールとの心理戦もパチンコ・パチスロ遊技の楽しみの一つではないでしょうか。

雨の日は出る?

雨の日は出る(勝てる)は本当か?