パチンコ都市伝説3

「角台は出る?」この都市伝説も昔は「雨の日は出る」と同様にまことしやかに囁かれていました。他にも「灰皿にたばこの吸い殻が多い台は出る」という話も聞いたことがあります。はたしてこれらの都市伝説は本当なのでしょうか?

角台とはパチンコ台が並んで設置してある島端の台、つまり一番通路側にある台のことを指しています。角台は通路を歩いているお客さんや新たに入店してきたお客さんの視界に入りやすいため、パチンコ店としては常に稼働させておきたい。できれば「おっ 結構出てるな」と思わせたい台であることは間違いありません。よって「ひょっとしたら本当かも」と思ってしまいます。

① かなり昔なら信憑性が高かった

今みたいに乱数抽選で出玉が決まるデジパチばかりではなく、ハネ物や一発台のように釘調整によって出玉が左右される機種が主力だった頃は「角台は出る」伝説は本当だったようです。当時は同一機種を釘調整によって

「開放台」「遊び台」「回収台」

に分けて出玉率のバランスをとるのが常識でした。「開放台」とは赤字覚悟でお客さんが勝てるように調整された台ですから、どーせ出すなら一番目立つ角台にする場合が多かったのは事実です。

角台は「客寄せパンダ」としての利用価値が高かったと言えます。

② 吸い殻が多い台はどうなの?

これは過去遊技していたお客さんが長時間粘った証拠、つまり少なくとも「全く出ない事はないだろう」という程度の推測に過ぎません。そもそもタバコを吸わないファンが多いし、たまたま超ヘビースモーカーだったかもしれません。

では全くあてにならないと言えるでしょうね。

③ では現在でも角台は出るのか?

現在の主力機種であるデジパチの出玉率は乱数抽選による大当り、確変継続で勝手に波ができます。つまりパチンコ店側も波に任せるしかありません。もちろんお客さんにはスタート回数が多い方が有利ですが、

同一機種は全台スタート回数を統一する調整が常識になっています。

店側も「開放台」「回収台」のバランスはすべて乱数抽選まかせと言えます。意図的に角台の出玉率を上げることはほぼ不可能です。角台のみスタート回数を上げる調整も行っていません。

④ 出玉調整は機種または島(カテゴリー)ごとに行っている

現在、パチンコ店では「開放」「回収」のメリハリは機種やカテゴリー別にスタート回数の調整で行っています。一般的にはファンが気にする1000円スタート回数ではなく分間スタート回数(100個の打ち込みに対する回数)データをもとに調整しています。それでも出玉はあくまで理論値での見込みであって想定外の出玉率になってしまう事もしばしばあります。

実はパチンコ店も個別ではどの台が出るのかは分からないのが実情です。

都市伝説3「角台は出る?」結論

③④で考察したように現在パチンコ店はスタート回数を統一して出玉率は乱数抽選の波に任せている以上

「角台は出る」とは言えないでしょう。

それでも事実としてパチンコ店のデータでは角台の客付は相対的に良くなっています。これはファンが「角台は出る」と思って着席しているわけではなく、電車の横シートが端から埋まるのと同様にプライベートゾーンを確保するためと言われています。角台であれば少なくとも左右どちらかは空間が確保できるから安心ですよね。

設定付きパチンコ台の増加で都市伝説復活か?

昨年の規則改正により設定付きパチンコが認められました。今後設定付きの新台がどんどん導入され、パチンコ店も積極的に設定を活用するようになればスタート回数は同じでも

「角台は高設定?」という新たな都市伝説が誕生するかも知れません。

これについては今後調査をして傾向が分かりしだい報告したいと思います。

角台は出る?

パチンコ都市伝説2

「雨の日は出る?」この都市伝説は誰もが一度は耳にした事があるのではないでしょうか? 特にベテランのファンであれば信じている方も多いかも知れません。私もパチンコデビュー当時(昭和の時代ですが)無邪気に信じ込んでいました。はたしてこの伝説は本当なのでしょうか?

①かなり昔ならば本当だったかもしれない

 デジパチがまだ登場していない時代ですがパチンコ仲間の先輩方は

「雨の日は湿度が高い。湿気でベニヤ板に打ってある釘が緩む。だから出やすい」

と解説していました。その時は私も「なるほど!」と思いましたが科学的根拠があったのかは不明です。また実際に「雨の日は出る」を実感した記憶があまりありません。ただそれは私が農村地区に居住していたのが理由かも知れません。

雨の日は農作業など野外の仕事ができない。

釣りや草野球、ゴルフなどレジャーに出かける人も少ない。

よく考えると地方の郊外に立地するパチンコ屋さんにとって 「雨の日はお客さんが多い=利益を上げるチャンス日」 だった? のかも知れません。

②実は現在でもホールは湿度に気を遣っている

 ただしそれは「釘が緩む」からではなく、玉やコインに湿気があると手垢や細かいゴミが付着してしまうからです。お客様が不快な思いをするだけではなく、遊技盤面や上皿、発射装置などが汚れる原因となります。たまにパチンコ玉に触れたとき「温かい」と感じたことはないでしょうか?それは循環設備内のヒーターで玉を乾燥させているからです。

③飛び込み入賞率には影響がある?

 俗にいう一発台が設置されていた頃、ゴト師(何らかの不正行為で玉を出す輩の総称)連中は玉に手垢や整髪料(柳屋のポマード)を付着させ一発台を打っていました。そうする事によってなぜか玉が盤面内を暴れるようになります。写真①のようなゲージ構成の飛び込み入賞には有利で、スーパーコンビに代表される写真②のゲージには玉飛び(ストローク)が安定せずかえって不利と言われていました。このことから

「雨の日→湿度が高い→玉が汚れる→飛び込み入賞しやすい→出る」といった「風が吹けば桶屋が儲かる」方式で考えれば 「雨の日は出る?」は嘘ではなかったかも知れませんね。

写真①   写真②

なお現在の
「天下一閃」はスーパーコンビと同様に不利になるので、マネをしないようお願いしたい。

都市伝説2 「雨の日」は出る? 結論

 ①②で考察したように科学的根拠はないと思われます。そもそも今ではベニヤ板よりアクリル板が多くなっています。まして現在のホールは空調設備も整っているし玉の研磨能力も向上しています。さらにホールの立地によっては逆に「雨の日=稼ぎ時」と思われているかも知れません。余談ですが
サラリーマンの多い店なら給料日直後
郊外店ならば月初めの土日
年配層が多い店は年金支給日直後
漁師町ならば台風の時など
ファンとしては注意が必要と思われます。
よって現在では無条件で「雨の日=出る」は99.9%ないと言えるでしょう。
 ファンとしてはむしろ主戦場であるホーム店舗の特色を見極め、上記のような注意日には深追いをせず、できるだけホールが「甘めの営業が必要」と思っているときに勝負をかける方が勝率アップにつながると思います。こういったホールとの心理戦もパチンコ・パチスロ遊技の楽しみの一つではないでしょうか。

雨の日は出る?

雨の日は出る(勝てる)は本当か?

パチンコ都市伝説1

パチンコ店には「遠隔操作」が蔓延している?

知人とのパチンコ談議やネットの書き込みなどを見るとやはり「遠隔操作」についての疑惑が多いですね。10 年程前にバリバリの東大卒キャリア官僚である警察庁生安課長ですら

「パチンコには遠隔操作が蔓延していると聞き及んでいる」

と業界向け講演会で発言を行いパチンコ業界が騒然となったこともありました。現在でもパチンコファンの間には

「確率から考えてもありえないほど大ハマリをした」
「いつも同じ奴が爆裂させている」

など、「自分が獲得するはずだった出玉を店側の操作によって搾取された。恣意的に特定の客に勝たせている」と言った不満から、この店は遠隔操作を行っているに違いない。けしからん!こんな店は死ね!潰れてしまえ!といったかなり辛辣な意見が多く見られます。
しかし「自分が30連チャンもした!どう考えてもおかしい!遠隔操作に違いない」と言う人はほとんどない事から、自分が大負けした理由を「遠隔操作」と疑っているようようです。
正直言って私も大負けした時は遠隔操作を疑ってしまう事もあります。
もしその店が本当に遠隔操作を行っているならば

「死ね!潰れろ!」という意見には 100%同意します。

なにしろ法令違反だし、業界全体の信用を貶める行為であり絶対許されません。ではそんな遠隔操作店は本当に実在するのでしょうか?

①そもそも遠隔操作は簡単にできるの?
残念ながら技術的には簡単です。実際、メーカーの開発部門では同じようなシステムをデバック(実働試験)や演出評価、社内プレゼン用に使っています。メインチップのプログラムを一部書き換えて受信用のチップを埋め込むだけで、発信機からコマンド(信号)を送れば任意に大当りさせる事ができます。コストもそれほどかかりません。

②遠隔システムはホール導入時にコストが 100 倍以上にハネ上がる
メーカー開発のように正規のプログラムデータがあればほんの一部を書き換えるだけ、受信用の電子部品など数百円で購入できますが、厳重なセキュリティ対策をされたプログラム解析には相当な手間と設備が必要となります。また誤作動が発生しないようにデバックも必修です。それに何と言っても犯罪行為であるため薄利多売の商売は成立しないでしょう。売り手の立場で考えると相当の利益でなければ危険を冒す価値はないですよね。したがって導入するホールのコストは数千万円~億単位になると思われます。

③遠隔導入ホールのメリットは?
ファンは「遠隔操作によってハメられた」
と疑っている人が多いですが(気持ちは理解できます)

あなたが善良な一般ファンである限り 99.9%それはない

と言えます。なぜならホールが一番恐れているのは

『常連客が大連敗=来店しなくなる』
『新規客が大負け=二度と来ない』

事だから。一番の恐怖は常連客に出される事よりも『想定以上の利益=お客が減る』事です。私の経験上一度お客さんを飛ばしてしまうと取った利益の倍以上の赤字を出さないと元には戻りません。しかも調整や設定を良くしても負けの込んだ常連客が勝てる保証は全くありません。結果としてホールの稼働と利益は大幅に減少することになります。私も調整に失敗して常連客が怒って帰ってしまった時などは正直「遠隔操作ができれば」と何度も思いました。したがって遠隔システム導入店のメリットは
『連敗中の常連客を勝たせる=常連キープ』
『たまたま来店したライバル店の客に良い思いをさせる=顧客獲得』
と言えます。常連客をキープしつつ新規顧客を増やしていけば、「長期的視点に立てば利益が増える」可能性はあると言えるかも知れませんが、費用に見合うだけの効果があるかは甚だ疑問です。

④遠隔操作が疑われる店の特徴は?
あなたがそのお店の常連客であれば
1 五連敗以上は滅多にしない。
2 五万円以上突っ込めば一度は当たる。
3 大ハマリ台が極端に少ない。
4 お客が増える時間帯のみ大当りが出やすくなる。
5 店長に愚痴ったらなぜか大当りした。
など思い当たる事が多ければ怪しいかも知れません。

都市伝説 1 パチンコ店には「遠隔操作」が蔓延している?結論
実際に検挙されたホールがある以上遠隔操作導入店は残念ながら実在していました。しかし現在では②~④にて考察すると

「蔓延している」はあり得ないでしょう。

これだけ費用対効果が悪くハイリスクなシステムを導入する経営者は本当のアホです。私も今まで確証をつかんだホールは一軒もありません。もし実在するとしたらワラにもすがる思いで「何とかお客を増やそう、稼働を上げよう」と導入したと思われますが、ファンに対する背信行為だけではなく、稼働向上のためコンプライアンスを遵守しながら企業努力をしている多くのホールへの冒涜者です。ネットでの書き込み「死ね!潰れてしまえ!」をそのまま贈りたいですね。